美味しいお酒の飲み方


お酒の温度

 燗でよし、冷やでよし。日本酒は世界でも珍しい「温めて飲む」お酒です。お酒を燗して飲んだという記録は平安時代にもありました。昔は3月(桃の節句)から9月(重陽の節句)までは冷やで飲み、10月から2月までは温めて飲んだといわれ、現在のように年中、燗酒を飲むようになったのは江戸時代中期以後のことです。50度ぐらいに温めるのが一般的です。辛口のお酒は冷たいまま、甘口のお酒は少し温度を上げると、アルコールの刺激が感じられておいしいとか。徳利は、厚手の陶器のものが冷めにくくていいようです。

 最近では、冷酒もよく飲まれています。夏はもちろん、寒い季節に温かい部屋で、冷えたお酒をキュッと飲むのもいいですね。

燗ロック
グラスに氷を入れ、燗をしたお酒を注ぎます。瞬間的に冷たくなったお酒は、口あたりがいっそうまろやかになります。

みぞれ酒
 かき氷か、細かく砕いた氷をグラスにつめて、上から冷たいお酒を注ぎます。グラスの中をみぞれが降るように落ちてくるお酒が目を楽しませてくれます。冬、天然の雪を使って作るのもおつなものです。

 なお、冷酒は悪酔いするといわれることがありますが、医学的な根拠はありません。ただ、冷やして飲むと口あたりがよく、体内で吸収される速度が遅いため、酔いが遅れてまわります。だから、つい飲みすぎて・・・というのが本当のところでは?。燗でも冷やでも、お酒はゆっくり味わって飲みたいものですね。

お酒の温度と呼び方
 5度前後 雪冷え
10度前後 花冷え
15度前後 涼冷え(すずびえ)
−−−−−−−−−−−−−−−
30度前後 日向(ひなた)燗
35度前後 人肌燗
40度前後 ぬる燗
45度前後 上燗
50度前後 熱燗
55度以上 飛切燗

お酒の保存法

 瓶詰めのお酒は、長期間保存できるように熱で殺菌されていますが直射日光や温度の影響で少しづつ変化していきます。

直射日光を避ける効果は黒瓶が一番高く、茶瓶、エメラルドグリーン瓶がそれに続きます。反対にスモーク瓶や青瓶、白瓶はどれも日光を遮る効果 はあまりありません。また、20度以下で保存すれば1年余り、5度以下の低温保存なら半永久的に変化しないといわれています。もっとも、瓶詰め後のお酒は長くおいても風味が増すわけではありません。家庭では、直射日光の当たらない涼しい場所に置き、開栓後は早目に飲みましょう。

知っていましたか、お酒のこんな使い道
1.病気や怪我によく効きます。やっぱり酒は百薬の長!?

打ち身には
・トチの実を細かく削って日本酒に漬けておいたものを、打ち身の個所につけます。
・トチの実は薬局で買えます。
しもやけには
・手を温めておき、グリセリンと日本酒を混ぜて塗ります。
風邪には
・ネギを切り、お酒に浸したガーゼにくるんで、のどに巻きます。
弱った胃には
・シソの葉や実を日本酒に漬け、2〜3か月置きます。飲む時にはハチミツを加えてどうぞ。
2.色々なお料理を一段とおいしくします。
おそばに
・時間が経ってほぐれにくくなったざるそばに、お酒をふりかけると、簡単にほぐれ、香りも引き立ちます。
チャーハンの仕上げに
・チャーハンの仕上げに鍋肌からお酒を回し入れます。風味がぐんと増します。
梅干しの土用干しに
・梅干しを土用干しする時、日本酒を霧吹きでかけると、ツヤが良くなり、味にも深みが出ます。
酢の効きすぎた料理に
・大さじ1杯のお酒を加えてみましょう。酢の味がぐんとやわらかくなります。
インスタント・ラーメンに
・仕上げに、盃1杯の日本酒を入れると、味にまるみが出ます。
3.他にもこんな活用法があります
爪のお手入れに
・日本酒を布にしみこませ、爪を磨くとツヤツヤとしてきます。
松材のつや出しに
・日本酒にひたした布で、松材のテーブルなどを磨きましょう。見違えるほど光沢が出ます。
植木のお手入れに
・元気のない植木(松など)に少量のお酒を水と一緒にやると、元気が出ます。ただし濃くなりすぎないように。

(美味しいお酒の飲み方)
[お酒の温度 お酒の味の表現 お酒の名前



C) Nadagogo Brewers Association, 2000,All Rights Reserved.