我が家の一品料理 01


料理のタイトル
白菜物語

白菜物語:レシピ

材料・調味料 概量・容量(g)
白菜 1/4個
鶏胸肉 1枚
黒こしょう 少々
大さじ3
鶏皮 3枚分
揚げ油 適宜
トマト 一個
バジルの葉 6枚
練りごま(A) 大さじ3
酢(A) 大さじ1と1/3
醤油(A) 大さじ2
砂糖(A) 大さじ2
ゆず 適宜

※上記の材料は4人分の量です。
hakusai
〔コメント〕
 白菜を使ったあえもの料理から考えたものです。あっさり白菜とトマトが、鶏肉と鶏肉の皮とうまくマッチしており、全体をまとめるために練りごまタレにし、酒がすすむようなおかずにしています。
 ちょっと早い時間に作っておき、晩酌するお父さんが何時に帰ってきてもいいような酒のつまみです。
(大分県大分郡 大学教員)

〔作り方〕
  1.  白菜は芯を取って歯ごたえが残る程度に茹で、ざるに広げて塩少々を振りさます。
  2.  鶏肉は皮をはずし塩小さじ1/2と、こしょうを振って15分おき、酒を振って10分蒸し、160〜170度の油でカリカリに揚げる。
  3.  (2)の鶏皮と鶏皮3枚分を5mm幅の細きりにし、160〜170度の油でカリカリに揚げる。
  4.  トマトは皮をむき(湯むき)して5mm角に切る。
  5. (1)の白菜は軽く絞って水けをきり、白菜、鶏肉、白菜、トマト、バジル、白菜の順に重ねて皿2枚程度の軽い重しをして30分ほど冷蔵庫で冷やす。Aの練りごま、酢、醤油、砂糖は混ぜ合わせてタレを作る。
  6.  (5)を食べやすい大きさに切って器に盛り、Aのタレを乗せ3の鶏皮をのせ、ゆずの細きりをかざる。


協力:財団法人 神戸ファッション協会
「白菜物語」 「とろろいもの色どりなすび」
「鶏肉の梅あんかけ」 「パリパリもチーズ焼き」
ばっかり大根(ばっかりデーコン) 晩酌灘ごのみ
ゆで釜なます さんまのピリ辛ぬかみそ煮
すじ肉とこんにゃくの春巻 生ざけの のりロール焼き
とりミンチやっこ よいどれくまちゃんの変り春巻
ピリットカルシウム ひき肉だんごの野菜まぶし
中国湯葉と豚バラ煮の有馬煮 まきまき肉 胡麻ソース
すてきなさばと大根のハーモニー タコときくなのピリ辛じゃこソース
娘もよろこぶ仲良し トロ とろ 生春巻き古酒風味
はす餅穴子巻き椀 湯葉と豆腐の仲良し白和え
帆立貝柱の博多山かけ 灘の華しゅうまい
とろ〜りチーズの春巻 ネギトロチーズの生ハルマキ
だいこんと豚肉のなかよしてんぷら いろとり(鶏)どり秋色ソース



C) Nadagogo Brewers Association, 2000,All Rights Reserved.