我が家の一品料理 06


料理のタイトル
晩酌灘ごのみ

晩酌灘ごのみ:レシピ

材料・調味料 概量・容量(g)
豚薄切り肉 300g(12枚)
牛乳 1リットル
45cc
青じそ 12枚
甘酢紅しょうが 30g
春菊の葉先 70g
しょうゆ 大1
酢(A) 大1
さとう(A) 大1
白いりごま(A) 大1
練りごま(A) 大2
塩、こしょう 少々
小麦粉 適宜
適宜
パン粉 適宜
かざり用 酒かす 4枚
プチトマト 8こ

※上記の材料は4人分の量です。
〔コメント〕
 カリッとした衣の中はプニプニ。甘酢紅しょうがと青じそが味をしめます。ごま酢ソースとのハーモニーが灘のお酒にとってもマッチ!たまたま牛乳があまって困った時、なんとなーく想像しながらつくって晩酌の時父に食べてもらったら うまい と大評判。灘の酒にはこれしかない!と度々リクエストそんな父も大震災以来、体調悪く天国に行ってしまいましたが、今でもこの晩酌灘ごのみは、我が家のNO1の灘の酒にあうメニューです。
(西宮市 主婦)

〔作り方〕
  1.  牛乳を火にかけ、沸騰直前に酢大さじ3(45cc)加え火をとめまぜる。
  2.  (1)をざるでこして水分を切る。
  3.  豚薄切り肉をひろげ、塩・こしょう・青じそ (2)でざるでこしたもの大さじ1、甘酢紅生姜2〜3gのせ、くるくるまく。
  4.  (3)に小麦粉・とき卵・パン粉をつけて、中温でからりとあげる。
  5.  Aのソースをすべてまぜたものをつけていただく。
盛り付け
 あれば酒かすをラップにはさみ棒で好きな大きさにのばし、はしを立ててトースターで3〜4分焼く。(好きな人は砂糖をつけてあとで、 ちびちびといただく)お皿に、この酒かすのお皿をのせフライをのせる。冷水につけてパリッとさせた春菊、プチトマトごま酢ソースをそえる。


協力:財団法人 神戸ファッション協会
「白菜物語」 「とろろいもの色どりなすび」
「鶏肉の梅あんかけ」 「パリパリもチーズ焼き」
ばっかり大根(ばっかりデーコン) 晩酌灘ごのみ
ゆで釜なます さんまのピリ辛ぬかみそ煮
すじ肉とこんにゃくの春巻 生ざけの のりロール焼き
とりミンチやっこ よいどれくまちゃんの変り春巻
ピリットカルシウム ひき肉だんごの野菜まぶし
中国湯葉と豚バラ煮の有馬煮 まきまき肉 胡麻ソース
すてきなさばと大根のハーモニー タコときくなのピリ辛じゃこソース
娘もよろこぶ仲良し トロ とろ 生春巻き古酒風味
はす餅穴子巻き椀 湯葉と豆腐の仲良し白和え
帆立貝柱の博多山かけ 灘の華しゅうまい
とろ〜りチーズの春巻 ネギトロチーズの生ハルマキ
だいこんと豚肉のなかよしてんぷら いろとり(鶏)どり秋色ソース



C) Nadagogo Brewers Association, 2000,All Rights Reserved.