我が家の一品料理 29


料理のタイトル
セクション5「灘五郷の調べ」


セレクション5「灘五郷の調べ」

材料・調味料 概量・容量(g)
エビ(大) 4尾
ほたて 4個
とりささみ 2本
しめじ 半パック
ミニグリーンアスパラ

20本

(A)  
上新粉 150g
梅干し(南高梅) 2個
枝豆(豆のみ) 20g
カマンベールチーズ 20g
20g
(B)  
1個
だし 大さじ1と1/2
醤油 小さじ1/4
みりん 大さじ1/2
バター 20g
少々
少々
ブラックペッパー 少々

※上記の材料は4人分の量です。

〔コメント〕
 日本酒とお米で作った皮をソースにたとえ、気取らないジャズの様に。もちろん曲名は「秋晴れのピンとくる灘の酒」個性ある肴で、味と香りのハーモニーを醸し出す一品です。又、手でつまんで食べれるので日本酒パーティーに最適です。日本酒と相性が良いといっても、飲みすぎに注意して下さい。

(神戸市 会社員)


〔作り方〕

 1. エビに串をさして、塩、コショウで下味を付ける。
 2. ほたても塩、コショウで下味を付ける。
 3. とりささみは筋を取り、約1cm幅で短冊に切り
   酒で下味を付ける。
 ┌ 4. 上新粉をねり、だんごを作り熱湯でゆでる。
 │ 5. 梅干し、枝豆、カマンベールチーズ、
 │   柿を各々すりつぶす。
(A) 6. 柿は電子レンジで水分をとばして置く。
 │ 7. 4のだんごを5等分し、だんご2個分には、
 │   カマンベールチーズを混ぜ残り3個は各々
 │   梅干、枝豆、柿を混ぜ、それぞれ1mm厚さに
 └   伸ばした皮を作る。
 8. (B)をなべに入れ弱火でとろみがでるまで煮詰め
   黄身ソースを作る。
 9. 1、2は桜のチップで燻製を作る。
 10. 3をアルミホイルに包みオーブントースターで酒蒸しを作る。
 11. しめじ、ミニグリーンアスパラをアルミホイルにバターと
   包みオーブントースターで焼く。
 12. エビは串を外し、殻をむき、5cm幅に切った皮を巻き付け
   黄身ソースをかける。
   ほたては柿の皮を4等分し春巻きの様に包む。
   とりささみに梅の皮4cm幅に切った物を巻き付ける。
   しめじ、ミニグリーンアスパラにチーズの皮を
   4cm幅に切った物を巻き付け盛付ける。


協力:財団法人 神戸ファッション協会
「白菜物語」 「とろろいもの色どりなすび」
「鶏肉の梅あんかけ」 「パリパリもチーズ焼き」
ばっかり大根(ばっかりデーコン) 晩酌灘ごのみ
ゆで釜なます さんまのピリ辛ぬかみそ煮
すじ肉とこんにゃくの春巻 生ざけの のりロール焼き
とりミンチやっこ よいどれくまちゃんの変り春巻
ピリットカルシウム ひき肉だんごの野菜まぶし
中国湯葉と豚バラ煮の有馬煮 まきまき肉 胡麻ソース
すてきなさばと大根のハーモニー タコときくなのピリ辛じゃこソース
娘もよろこぶ仲良し トロ とろ 生春巻き古酒風味
はす餅穴子巻き椀 湯葉と豆腐の仲良し白和え
帆立貝柱の博多山かけ 灘の華しゅうまい
とろ〜りチーズの春巻 ネギトロチーズの生ハルマキ
だいこんと豚肉のなかよしてんぷら いろとり(鶏)どり秋色ソース

セクション5「灘五郷の調べ」

カキ入りうの花ゆず風味
きのこの肉みそ炒め    

(C) The Yomiuri Shimbun Osaka Head Office, 2002